2014年9月3日水曜日

お茶のお稽古

茶道を習っています。
まだ始めたばかりですが。

お茶のお稽古の時はいつも着物で行きます。
先生が、普段のお稽古の時はカジュアルな着物でOKとおっしゃって下さるので、紬や小紋で行きます。

昨日のお稽古の着物です。




単衣の後染め長浜紬に麻の九寸名古屋帯。


帯、小物はまだ夏物にしました。
この帯締めと泡玉は一体になっています。
お茶の席では帯留はNGなので、お稽古の間はくるっと回して泡玉を後ろに持っていきます。
帯周り
 
 

着物の柄アップ
 
着物の柄は、自然の風景。
木や川が描かれています。
木が所々紅葉している様子が見てとれますので、紅葉が始まったばかりの季節を表しているようです。
季節をほんの少し先取り出来て今の時期に丁度いいので、9月専用の単衣にしています。


0 件のコメント:

コメントを投稿