2014年12月22日月曜日

取材②

久保田織染工業さんの取材の後、飯田の菓匠赤門やさんへ行きました。
赤門やさんでは和菓子作り体験が出来るとの事で、「着物で和菓子作り体験」の取材の為、再びモデルとして和菓子作りをさせて頂きました。



割烹着姿で女将さんのご指導を受けながら和菓子作り。
割烹着はお茶の際の片付けの時用に購入したもの。
ドット風の絣模様がお気に入りです。



この日は冬らしく、(左から)侘助、松、枯葉を表したお菓子を。


作った後は抹茶を入れて下さり、店内の席で美味しく頂きました。
木の枝で作った楊枝がお洒落。



この日の着物は越後紬に猫柄の紬地の名古屋帯。


 

防寒用に洋服のポンチョを。
フードが付いているので首元も暖かいです。
 


本は3月に出版予定だそうです。
ライターさんは北沢房子さん。
今、第3土曜日に信濃毎日新聞で「おとなの和旅」という旅連載をしておられます。
着物だけでなく神様仏様も大好きで、近著に「お寺で遊ぶ・学ぶ・和む」をテーマにした『信州魅惑の寺』があります。



私も持っており、楽しく拝読させて頂きました。
お寺の本と言うと、何となく堅くて難しそうなイメージですが、
この本は寺院や仏教に馴染のない方でも楽しく読める内容。
この本を片手にお寺巡りをしたくなります。

今度の着物本は、「着物で遊ぶ・学ぶ・和む」がテーマです。
着物好きの方必読の本になりそう。
出版したらこのブログでもお知らせします!


取材中の北沢さん。



4 件のコメント:

  1. ふくさんの手ぬぐいに、割烹着に絣の着物、と~ってもかわいいです(*'▽')
    北沢さんの白い割烹着も雰囲気ありますね(^^)

    返信削除
    返信
    1. からくささん、ありがとうございます。
      手ぬぐいはお店のものをお借りしました。
      ドットだらけになっちゃいましたが(^_^.)

      削除
  2. 手ぬぐい・割烹着・着物、いろいろなドットの組み合わせに見えて
    かわいいです。
    「どの〇にじゃれようかな」ト、猫ちゃん達も考え中(=^・^=)

    和菓子、とてもきれい。名前あるのかな?

    北沢さんの本楽しみです。


    返信削除
    返信
    1. なるほど!
      猫が球で戯れているようにも見えますね。
      その発想は思い付きませんでした。
      ゆうさんの感性、素晴らしい(*^_^*)

      和菓子の名前、あるのかもしれませんが、聞き逃してたかも・・・。
      すみません
      詳しくは北沢さんの本にて(^_^.)

      削除