2015年9月21日月曜日

初秋の安曇野

9月の安曇野着遊楽の集まりは、安曇野の有明天蚕センターとちひろ美術館でした。

まず、天蚕センター。
天蚕の人工飼育を最初に始めたのは安曇野市有明地区といわれています。
有明天蚕センターは今でも天蚕の飼育をしています。
天蚕糸を使用したスカーフや小物の販売、着物の展示もしています。
天蚕の飼育方法のビデオを鑑賞した後、機織りの風景を見学。
スカーフを織っていました。


ランチをして、ちひろ美術館。
安曇野ちひろ公園は早くも紅葉が始まっていました。
うっすらとグラデーションに。

帰りにハーブを使って珈琲の味を表現したという不思議なソフトクリーム、ハーブ・モカソフトを。



久しぶりの着物着用。
この秋初めての単衣。
暑いかな、と思って長襦袢は麻にしました。
快適に過ごせました。
紬に塩瀬の江戸紅型帯を銀座結びで。

帯の柄は今が旬の葡萄。


良いお天気でしたが風が涼しく、気持ちの良い、初秋らしい1日でした。
紅葉が始まっていると思えば別の所では向日葵が綺麗に咲き誇り、
昼頃に蝉が鳴いていると思えば夕方には秋の虫の音が聞こえ、
夏と秋が混在する安曇野です。

2 件のコメント:

  1. ああ、いきたかったですわ!葡萄の帯、今が旬ですね。他のイベント会場でもちらほら見かけました、素敵!

    返信削除
    返信
    1. 爽やかなお天気で、気持ち良く、楽しかったですよ♪

      削除