2015年11月21日土曜日

安曇野きもの集 作品展示会

只今、安曇野の高橋節郎記念美術館主屋にて、安曇野きもの集の秋の
イベント「安曇野の文化と和の暮らし」が開催中です。
私は明日(11/22)の講演会のお手伝いに伺う予定ですが、当日はバタバタしそうなので展示をゆっくり観られないかも・・・と思い、今日観に行ってきました。

高橋節郎記念美術館、モダンで綺麗な建物。

入口から入って中庭に出ると、ガラッと雰囲気の違う和風の建物があり、そこが会場です。
松本紬や有明紬、そして安曇野で活躍している若手染作家さんの作品などが並んでいます。
豪華な年代物の花嫁衣装も。
主催者さんが1つ1つ丁寧に解説して下さいました。

会場は撮影禁止ですがブログ掲載許可を頂き少しだけ撮影しました。
こちらは安曇野の東京友禅作家、古根香さんの作品。


お手伝いの合間にささっと見るだけでは物足りないであろう素敵な作品の数々。
今日行っておいて良かったです。

今日の着物は母のお下がりの大島に秋草の名古屋帯。


長襦袢は鳥獣戯画。
履物は夏のきもの集イベントですげてもらい購入したねずこ下駄を。

夏の様子はこちら↓
http://ayanofuku.blogspot.jp/2015/07/blog-post_14.html

昨年の秋のきもの集イベントはこちら↓
http://ayanofuku.blogspot.jp/2014/12/blog-post.html

昨年も私、同じ着物、同じ帯で行ってますね。


明日(11/22)は13時半から講演会。
きもの文化研究家 中谷比佐子氏による「きものに学んだ心と身体の健康と立居振舞」が開催されます。
先着70名に着物のぬりゑプレゼントだそうです。






0 件のコメント:

コメントを投稿