2015年12月22日火曜日

着遊楽忘年会2015

安曇野きものサークル「着遊楽」の忘年会がありました。
昨年と同様、ハンドベルのクリスマスコンサートを鑑賞。
昨年の様子はこちら。↓
http://ayanofuku.blogspot.jp/2014/12/blog-post_24.html
今年の会場はあがたの森文化会館。
 
コンサート後は重要文化財「旧松本高等学校」校舎をちょっと見学。

そしてディナーはこちら。

フレンチレストランです。

お店から、「着物でお越しのお客様には敬意を払ってサービスをしています」と飲み物を全員に1杯ずつサービスして頂きました。
お店の方曰く、ヨーロッパのレストランではドレスアップをして来てくれたお客さんには感謝の意を示すのだそう。
中でも着物は最上級のドレスアップという扱いなんだそうで、着物を着ているというだけでその着物の格に関係なく、イブニングドレスを着てきたお客さんと同等の扱いになるんだとか。
本場ヨーロッパの高級レストランでも着物は特別扱いされるそうです。
こちらは車で来た人に、カシスのソフトドリンク。


さて、私の着物はクリスマス感たっぷりに、赤の飛び柄お召に洋風な柄の黒の名古屋帯。

トナカイの帯留め。


今回別珍のコートを着ている人が3人もいました。
私も数年前に叔母から頂いた黒い別珍を持っています。
ずっとしまったままで1回も着ていなかったのですが皆さんのコート姿を見たら着たくなり、帰ってから引っ張り出して着てみました。
あら、なかなかいいかも。何で今まで着なかったんだろう?
しかもすごく暖かい!


着遊楽の皆さま今年も1年お世話になりました。
思えば「きものともだち」も着遊楽で知り合った女の子と始めたサークル。
着遊楽のお陰で素敵な出会いや活動が広がっています。



2 件のコメント:

  1. 赤い着物もいいなあと実はうっとり眺めていました(^^;


    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます!
      ちょっと派手かな~と思っていたのですが、そう言って頂けて安心しました。

      削除