2016年1月12日火曜日

新年のご挨拶に

旅行から帰ってきた翌日の1月3日も着物を着て過ごしました。
昨年まではお正月は旅先でしか着物を着ませんでしたが、折角のお正月、今年は3日までは着て過ごそうと思っていたので。

家族で近くのラーメン屋さんでランチをしてから夫の実家へ新年のご挨拶に。
着物雑誌などでは新年のご挨拶の着物はセミフォーマルを紹介している事が多いですね。
訪問着や付け下げに袋帯を締めて、高級菓子折りを綺麗な風呂敷で包んだものを持って、はんなりと上品な年始のご挨拶。素敵!
まあしかしウチはそんなに堅苦しい間柄ではない(と私は思っている)し、毎年お正月も全くの普段着の洋服で訪問していたので、着物だからって変に気合い入れるのもなんだかね。
というわけで大島で。

ご挨拶といってもご近所なので、ふらっと寄って甥と姪達にお年玉を渡し、息子のお年玉を頂き、旅行の話など少しして終わり。
ほぼ毎日お会いしているしね。
その後は着物のままスーパーに夕飯の買い出し。
スーパーに行くと、旅行から日常に戻ったな~と感じます。

写真だと柄が見えませんが椿文様の大島です。


大島は薄くてつるっとしていて、信州の真冬に着るにはちょっと寒い。
真冬はどちらかというと厚手のほっこりした真綿の紬を着たくなる。
しかしこの大島は椿。まさに冬に着たいのに。
いつも着るタイミングに困るのですが、暖冬のこの冬はいい感じで着れています。
この日は特に暖かかったので、羽織っていった羽織もちょっと暑く感じたくらい。


帯周りはこちら。
年末に購入した輪出しの帯揚げが最近のお気に入りです。

いつか、訪問着や付け下げで、綺麗な風呂敷に包んだ菓子折りを持って、はんなりと誰かのお宅にお年始のご挨拶に行ってみたい!

2 件のコメント:

  1. 大島紬に赤い帯がぴったり!
    暖かい日が多くて、まだまだ着れそうですね。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。
      着物が地味なので帯で明るくしました。

      毎年こんなに暖かければいいですね♪

      削除