2016年1月20日水曜日

肉筆浮世絵と日本のおしゃれ展

週末に、東京の上野の森美術館に行ってきました。
11/20~1/17まで開催していた肉筆浮世絵を鑑賞しに。

混雑していましたが、 1つ1つの絵をじっくり観たくて、絵毎に毎度並んでいたら全部見るのに3時間近く掛かってしまいましたが、見応えありました!
やはり気になるのは絵に描かれている着物。
細かいところの柄まで細かく丹念に描かれており、間近で見れて良かったです。
また、着物での来場者は入場料が割引に。
そんなことは知らずに行ったので受付でチケットを買う時に言われ、得した気分♪




美術館で思った以上に時間が押し、慌てて向かった次の目的地は松屋銀座。
12/30~1/18開催の「追悼池田重子コレクション日本のおしゃれ展」に。
トルソーに着付けられた素敵な着物がいっぱい。
また、来場者のほとんどが着物着用でした。
こちらもかなりの混雑ぶりでしたが綺麗な着物美人達の人ゴミに揉まれるのは悪くない。

夜はきものともだちの東京在住メンバーの女の子とご飯を食べました。
きものともだちの集まりの時は大勢なのでなかなか1人1人とじっくりお話出来ませんが、
最終の高速バスの時間まで2人でゆっくり語り合いを。

さて、着て行った着物は上田紬に雪花の長羽織。
いつもこの着物には自作の伊那紬帯ばかり合わせていましたが今回は初めて違う帯に挑戦。
椿文様の塩瀬帯です。


 
 
 
浮世絵展もおしゃれ展もどちらも開催当初から行きたい行きたいと思っていたので、
終了間近でギリギリ鑑賞出来て良かった!
 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿