2016年7月4日月曜日

安曇野きもの集~夏着物はじめませんか?~

気が付けばいつの間にか7月になってしまいましたが、今更6月のお話を1つ。
 
 
6月26日(日)、安曇野きもの集さんの夏イベントが開催されました。
「夏着物はじめませんか?」と題された企画。

場所は穂高の宗徳寺で。

着物は好きだけど、夏は暑くて・・・と、躊躇している方も多いと思いますが。
今回はそんな人向けに、暑い夏を少しでも涼しく装うコツや、夏の涼しげなコーディネートなどを紹介してくれる講座もありました。

ちなみに、そのコーディネート講座でモデルを頼まれお手伝いさせて頂きました。
私は浴衣コーディネートのお話の場面で、自前の有松絞りの浴衣を着て登場。
半襟を付けて着物風コーディネート、半襟を外して半幅帯、兵児帯と、1枚の浴衣で3パターンの着こなしの紹介でした。

浴衣を着物風に、というのは自分ではまだ試したことがありません。
夏着物をいくつも持っているのと、木綿の浴衣の下に長襦袢を着るのは暑そうで躊躇していました。
この度の講座では長襦袢ではなく付け襟だったのですが、これだと浴衣のみとほとんど変わらないので涼しく着れます。

他のモデルさんで、麻の着物(小千谷縮)、絽の小紋の着こなしをそれぞれ拝見しました。

観客が多くて、モデルのし甲斐がありました。




さて、この日に着て行った着物は格子の単衣紬。
帯は型染めの夏帯です。

この帯、いつも皆さんに褒めて頂ける、褒められ帯です。
合わせやすいので割と出番が多目です。



イベント会場では講座以外に地元の作家さんの夏小物や、地元呉服屋さんの出張販売など、夏の素敵なお品が並んでいました。
冷たいお抹茶のおもてなしも。



会場で気になったのがこちらの帯。
麻の九寸です。手描きの可愛い金魚に一目惚れ。

仕立て上がるのが楽しみです。

2 件のコメント:

  1. 絞りの浴衣姿はとっても素敵でした。ありがとうございました!金魚の帯、かわいい(*'▽')

    返信削除
    返信
    1. こちらこそありがとうございました!
      今後も安曇野きもの集の企画を楽しみにしています。

      削除