2016年8月28日日曜日

岡谷蚕糸博物館

お盆に、岡谷の蚕糸博物館に行ってきました。


一大製糸業地であった岡谷の歴史が垣間見れる博物館です。
製糸に関する機械や道具などの展示も興味深いですが、この博物館の凄い所は現役の製糸所である(株)宮坂製糸所が併設されており、糸作りの様子を間近で見学出来るのです。

工場内は不思議な香りに包まれていました。
繭を煮た匂いです。

館内は撮影禁止だったので博物館のHPをご覧下さい。
http://silkfact.jp/


生きた蛾が展示してありました。


グロテスクな模様のある蛾と違い、こざっぱりとしたシンプルな容姿なので気持ち悪くありません。
私は女性にしてはわりと虫とか平気な質なので、スタッフの方の許可を頂き一緒に記念撮影を。

なでなでしてお別れしました。
別室にはお触りOKな蚕もいたのでなでなで。


さて、この日に着た着物は、薄ピンクの縞の夏紬。
また金魚の麻名古屋帯を合わせました。

この帯、前柄が表と裏で微妙に違うのです。
今回は赤い金魚がいます。


先日小千谷縮に合わせた時は黒い金魚でした。




シルク配合の石鹸が売っていました。
館内に石鹸を試せるコーナーがあったのですが、泡立ちがよくて洗い上がりしっとり。
思わず購入。
全身洗えるとの事ですがもったいないので洗顔用にしようかと。
今使っている洗顔フォームが終わったら使ってみます。

更に桑の葉使用のほうじ茶も購入。
こちらも試飲コーナーがあり、美味しかったので。
お試しできるとまんまと買ってしまう単純さよ。

お蚕さんの餌である桑の葉のお茶を飲み、シルク配合の石鹸で洗顔。
これで絹肌が手に入りそう!?

0 件のコメント:

コメントを投稿