2016年10月22日土曜日

息子の夢


小学校の蚕を育てる体験から、絹や着物への興味が益々高まっている息子。
駒ヶ根のシルクミュージアムに行きたいと言うので先日一緒に行きました。
次は岡谷の蚕糸博物館にも行きたいと言っています。
 
更に、私が趣味でやっている伊那紬の機織りを見学したいとせがまれたので久保田織染工業さんに連れて行きました。
 
私が織り途中の着尺を織ってみる息子。


脚と腕をめいっぱい伸ばし、何とかギリギリ届いた!

真剣な顔。
夢中で織っていました。

帰ってからも、もう1度行きたいと何度もつぶやいている息子。
そして、将来は機織り職人になりたいと言っています。

こうやって色々な経験を重ねながら、大人になるまでに心から夢中になれる仕事を見つけてほしいものです。


ちなみに、着尺はようやく完成しました!
仕立て上がるのが楽しみです。

0 件のコメント:

コメントを投稿